比較ポイントを知る

サラリーマンバーチャルオフィスのサービスを運営している会社も色々あるので、どのバーチャルオフィスにすればよいか迷ってしまう人も多いでしょう。どのようなポイントを比較して判断していけば良いのでしょうか。まずは正真正銘の住所貸しが目的で、住所さえあればよいという場合には格安のバーチャルオフィスを選ぶとよいでしょう。一方で事業内容も多岐に亘り、バーチャルオフィスの各種サービスやレンタルを戦略的に有効活用していきたいという場合には単に価格で選ぶというよりも、サービスの内容の豊富さなどから選んでいく必要があるでしょう。

バーチャルオフィスを検討する際にはそのバーチャルオフィスの事業者がオフィスサービスなどをメインにしている専門の会社なのか、そのビルの外観など管理は行き届いているかに着目してください。さらには有人スタッフがいるのかどうかや、過去に犯罪に利用されたようなことはないかなども確認しておくべきです。事業の形態も様々になってきた現代ではこうしたバーチャルオフィスのようなものが活躍できるケースが増えてきていますので、基本的なコストを抑えるためにもバーチャルオフィスの利用を検討してみる価値は多いにあるでしょう。

賃貸オフィスとの比較

コピーどうせ借りるならバーチャルオフィスではなく普通に賃貸オフィスにしたほうが良いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実際のところランニングコストがかなり違ってくるのです。普通に賃貸オフィスを構えるとなると敷金礼金だけでかなりの金額になりますが、バーチャルオフィスであれば少額の入会金や保証金でサービスを開始できるところが多いです。さらに事業内容によってはFAXにせよセミナーにせよそれほどしょっちゅう使うわけではないという場合も多いでしょう。そのような場合には設備を常備したり、人材を常駐させたりするよりも、その時々で必要な分だけをレンタルして料金を支払うほうがコスト的にメリットがあるというわけです。

世の中には自宅兼事務所のような形で事業をおこなっている人も多いですが、プライバシーの観点からも自宅の住所を登記するということに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。このようなケースでもバーチャルオフィスがメリットの高いサービスとして評価されるでしょう。事業をこれから展開しようと考えている方の場合、自分の事業内容と必要な設備を考慮して、バーチャルオフィスと普通の賃貸オフィスのどちらのほうが適しているか検討してみることが大事です。

さて、次回は比較ポイントについて説明していきます。

バーチャルオフィスとは

会議室事業を展開するとなるとどうしても事務所を構えたり、仕事専用の電話を引いたりとなにかと準備が大変なものです。上手に事業に必要な諸々の事柄を揃えていくのに便利なサービスというのが世の中には多く登場しています。そのうちの一つがバーチャルオフィスと呼ばれるサービスです。名前からしていかにも今っぽい雰囲気だと思われるかもしれません。バーチャルオフィスとはその名前の通り仮想の事務所という意味で、このサービスを簡単に言うと各種事業に必要な住所貸しのサービスであり、単に住所を貸すだけでなく電話番号を提供したり、レンタル会議室を用意したりといったサービスもあります。

法人登記や郵便受けをレンタルしたり、FAX番号もレンタルできるといったシステムです。さらに通常事務所を構えた場合に必要となる敷金礼金などが不要です。もちろんこれらのサービスを受けるために入会金や保証金などが必要になることはあります。住所をわざわざ借りられるということで、その場所は多くの場合東京都心など一等地が多く選ばれています。バーチャルオフィスの運営をしている会社は様々なので、それぞれ違ったサービス内容を展開しています。バーチャルオフィスを契約する前にはそれぞれの会社の違いをしっかりと把握して、自分が求める内容と合致しているか確認する必要があります。最近では会議室やセミナールームの貸し出しや動画マーケティング用のスタジオまで用意している運営会社もあります。