賃貸オフィスとの比較

コピーどうせ借りるならバーチャルオフィスではなく普通に賃貸オフィスにしたほうが良いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実際のところランニングコストがかなり違ってくるのです。普通に賃貸オフィスを構えるとなると敷金礼金だけでかなりの金額になりますが、バーチャルオフィスであれば少額の入会金や保証金でサービスを開始できるところが多いです。さらに事業内容によってはFAXにせよセミナーにせよそれほどしょっちゅう使うわけではないという場合も多いでしょう。そのような場合には設備を常備したり、人材を常駐させたりするよりも、その時々で必要な分だけをレンタルして料金を支払うほうがコスト的にメリットがあるというわけです。

世の中には自宅兼事務所のような形で事業をおこなっている人も多いですが、プライバシーの観点からも自宅の住所を登記するということに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。このようなケースでもバーチャルオフィスがメリットの高いサービスとして評価されるでしょう。事業をこれから展開しようと考えている方の場合、自分の事業内容と必要な設備を考慮して、バーチャルオフィスと普通の賃貸オフィスのどちらのほうが適しているか検討してみることが大事です。

さて、次回は比較ポイントについて説明していきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket